Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>顎関節症の豆知識>顎関節症の豆知識「噛み合わせ」
顎関節症の豆知識「噛み合わせ」 2017-07-03T14:13:20+00:00

顎関節症の豆知識「噛み合わせ」

噛み合わせが悪いと「虫歯」、「歯周病」など歯の疾患とともに顎関節症も発症しやすくなります。不正咬合により顎関節への負担、顎口腔筋の張りなどから頭痛、肩こり、めまいがおきることがあります。

原因
治療法
症状
噛み合わせ
顎関節症

噛み合わせと入れ歯

入れ歯の噛み合わせが原因で肩こりや腰痛、またその他の症状も現れることがあります。 入れ歯の噛み合わせが悪いと、頭の重心が不安定になり、首や肩の筋肉が緊張して痛みが生じてしまいます。 ですから、入れ歯を作る際も、やはり、正しい顎の位置で、顎関節症に調和した噛み合わせを作ることが大切です。

噛み合わせ|

噛み合わせで健康管理

正しい噛み合わせ、正しい顎位で生体のバランスが良い状態になると、私達人間がもともと持っている自然治癒力が高まります。 自然治癒力を高めるために必要な「良質な睡眠と噛み合わせ」の関係は「顎関節症と自律神経」の項でも説明しましたが、もう一つ重要なことは脳との関係です。

噛み合わせ, 治療法|

噛み合わせと顔と頭の歪み

噛み合わせが悪いと頭蓋骨が歪む?!頭蓋骨のなかでも、下顎を受けとめる側頭骨が噛み合わせの影響を大きく受けることになります。 例えば、右の奥歯が抜けたのを放置したり、右の噛み合わせが低くなったりすると、右の下顎頭が顎関節を圧迫して、側頭骨を回転させたり、動きを悪くさせてしまいます。

噛み合わせ, 症状|

悪い噛み合わせで起こる身体の異常10と予防方法

成長期に徐々に永久歯に生え変わり長く付き合っている歯なので、ご自身の歯の噛み合わせが良いのかどうか意識したこともないという方は多いでしょう。 ですが、噛み合わせが悪いと顎関節症を引き起こしたり、一見関係なさそうな頭痛や肩こり、腰痛などの原因の一つになったりと、全身にあらゆるに影響が及んでしまいます。

噛み合わせ|

乱れた歯並びの矯正はいまからでも遅くない!オトナでもできる矯正術

八重歯や乱抗歯(らんくいば)でデコボコな歯並びは悩みの種になりがちです。 乱れた歯並びで、見た目だけではなく機能面でも弊害を引き起こします。 乱れた歯並びのままだと虫歯や歯周病になりやすく、さらに噛み合わせも悪くなってしまいます。

噛み合わせ, 治療法|

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917