Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>顎関節症の技術と研究>顎関節症の治療の流れ
顎関節症の治療の流れ 2021-09-14T15:59:13+00:00

顎関節症の治療の流れ

初診カウンセリング

まずは初診カウンセリングにて、歯列・噛み合わせの状況の確認をし、歯の悩み、審美的なご希望をお伺いいたします

初診カウンセリング時間/ 1回 :3~4 時間
初診カウンセリング受付時間/ 10:00~ 19:00

初診カウンセリング料 / 4000円前後

模型
レントゲン
頭蓋骨矯正
問診
咬合診断
顎位診断

初診カウンセリング時、顎位診断にて下顎のズレの分析、診断をして現在の症状との関
係性や原因について詳細にご説明致します。その上で、適した治療方法のご説明や治療
費・治療期間のご説明など、お一人お一人にあったプランニングを行っていきます。

適切な治療の選択

治療の種類

定期検診

抜本的な治療法 顎位矯正術

顎位矯正術はこんな方にお勧め

  • 顎が痛い
  • 顎の歪み、ズレ、顔の歪みが気になる
  • 噛み合わせが気になる
  • 歯並びが悪く、嚙み合わせが悪い
  • 歯並びはよいが、噛み合わせが気になる
  • 下顎の位置がしっくりしない、安定しない
  • 唇小帯(唇を引っ張ると出る線)が上下でずれている
  • 顎の歪みに伴い、首、肩のコリ、頭痛等がある
  • 全身の不定愁訴がある

顎位矯正術とは

STEP1 取り外し式矯正装置で下顎のズレを筋肉から補正

顎位矯正術(がくいきょうせいじゅつ)とは、ずれた下顎位を正しい位置に誘導する新宿デンタルオフィスの独自の治療法です。

正しい噛み合わせを作る前に、まずは、(STEP1)お一人お一人の顎の状態に合わせて調整した取り外し式の矯正プレートを使用して、顎のズレやねじれを補正していきます。

矯正プレートを使用することにより、緊張している筋肉を緩め、顎を正しい位置に誘導することができます。それにより、顎の痛み、全身のコリや痛みなどの顎関節症の諸症状の緩和が期待できます。

次の段階(STEP2)で正しい顎の位置で噛み合わせを作っていきます。

【参考】:顎位矯正術

顎位矯正に使用する取り外し式矯正装置

<歯列の拡大が必要な場合>
デラックスプレートにて歯列の拡大+高さの補正
<歯列の拡大が不必要な場合>
クリアプレートにて高さの補正

STEP2 噛み合わせ矯正

取り外し式の顎位矯正装置で下顎を正しい位置に戻したあと、正しい位置で顎位が安定するように、今度は噛み合わせを作ります。
審美性だけでなく、顎の関節、筋肉に調和した機能性の高い噛み合わせを作ることが大切です。

噛み合わせ矯正の種類

<ワイヤー矯正の場合>

ワイヤーを用いることで、全ての歯を一本一本コントロールすることができ、傾斜している
歯を起こしたり、高さの不足している歯を挺出させたり、遠心移動をさせたりすることで、
最終的に顎の関節に調和した噛み合わせを作ることができます。
【参考】: プレート矯正&ワイヤー矯正のコンビネーション治療

<嚙み合わせインビザライン GO の場合>

顎の痛み等の顎関節症の症状があり、顎位矯正術が必要な方の場合は、まず、顎位矯正術で筋肉を緩め、下顎のズレ、痛みが改善してからインビザライン GO の矯正をスタートします。
1 本の歯の位置が悪いだけでも、下顎はそれによってずらされてしまいます。当院では、独自の顎位診断によって、どの歯が下顎を歪めているのかが判断できます。顎位診断をし、邪魔になっている歯をインビザライン GO で正しい位置に動かすことができ、下顎も正しい位置に治まるという結果が出ると、噛み合わせ矯正として適応されます。
インビザライン GO では、上下5番目~5番目の歯を矯正することができますので、下顎を歪める原因が奥歯以外にある場合は、十分に対応できます。
まずは専門医による初診カウンセリングをご予約下さい。電話03-6304-0917