Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>顎関節症治療>顎位矯正術
顎位矯正術 2017-06-13T01:12:30+00:00

顎位矯正術

治療前
治療後

歯並びだけの歯列矯正ではなく、下顎の位置を正しい位置に矯正したので、顎の痛みや首、肩のコリも改善した。

顎位矯正術

当院オリジナルの咬合器で、顎の歪み・ズレを分析取り外し式の顎位矯正装置で、
顎を正しい位置に誘導する抜本的な顎関節症治療

顎位矯正前 正面
左側

起床時、口が開かなくなり、その後も左顎の痛み、だるさ、口の開きにくさが続いていた。首、肩のコリも特に左が強く、顎が疲れてくると、喉がつまって息苦しくなることもある状態だった。
下顎が左上方に入り込み、さらに左に捻じれている為、正中(下顎の唇小帯)が左にずれて
いる。

顎位矯正終了時 正面
左側
取り外し式の顎位矯正装置を夜間装着し、上下顎の歯列の拡大と同時に、顎の筋肉を補
正し、下顎の入り込み、捻じれを改善した。
左顎の痛み、だるさも消失し、口も開けやすくなった。首、肩のコリも治療前より楽に
なり、息苦しくなることもない。
顎位がよい位置に補正されたので、次にワイヤー矯正で噛み合わせを整えていく。
筋肉を補正せずに顎位を変えて噛み合わせを作ると、顎周辺の筋肉等が馴染まず、違和感が
生じることが考えられるが、まず、取り外し式の顎位矯正装置で筋肉を補正しながら、下顎
を誘導させるので、正しい顎位で違和感なく噛めるようになる。
使用した顎位矯正装置歯列の拡大と同時に顎周辺の筋肉を補正し、下顎の歪み・ズレを改善する機能がついている。顎の歪みが原因と考えられる頸椎、頭蓋骨の歪み、筋肉の緊張、
頭痛等の症状の改善が期待できる。

ワイヤー矯正

正しい顎位で上下の歯の山谷が合う安定した噛み合わせに矯正する。

ワイヤー矯正中 正面
左側
ワイヤー矯正終了時 正面
左側

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917