顎関節症の原因

顎関節症は顎やその周辺に支障が生まれる症状です。ちょっとした違和感のみの軽微なものから痛みを伴う重度なものまで、一口に顎関節症と言っても症状の内容は様々です。
顎関節症の原因は主に以下の7つに分けられます。
「噛み合わせ」「姿勢」「咀嚼」「体型(肥満・痩せ身)」「睡眠」「ストレス」「外傷」です。どれも日常生活に起こりうる原因ですので、どんな人にでも顎関節症のリスクは潜んでいると言えるでしょう。
大切なことは、少しでも顎関節症の兆候を感じたら原因を特定して治療に臨むことです。
顎関節症を放置したままでも回復に向かうことは少なく、悪化を招いてしまうことも考えられます。
また、原因を特定して治療しないことには、顎関節症を再発するリスクを払拭することができません。
場合によっては原因を特定することで、その他の身体の不調を解決することに繋がります。
顎関節症をいち早く治療するためにも、専門医に相談してしっかりと原因を特定するようにしましょう。

顎関節症の原因について記事一覧

▲このページの先頭へ