顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>whitebear

About whitebear

This author has not yet filled in any details.
So far whitebear has created 40 blog entries.

新型コロナウイルス感染予防対策

新宿デンタルオフィスの感染予防対策 当院では、皆様に安心して受診して頂けるように、日ごろから感染予防対策には細心の注意を払い行っていますが、新型コロナウィルスの感染予防対策として新たな取り組みを紹介させていただきます。 *入口で守ります! 非接触型体温計 KAOPASS 導入 入口に設置することで、院内に発熱した方が入られることを未然に防ぐことが出来ます。 マスクをしたまま検温でき、マスクをしていないと「マスクをしてください」と促されます。 手をかざすだけで消毒液が噴霧され非接触で手の消毒が出来ます。 *待合室を守ります! シリコンバレーが開発した 世界最高レベルの空気清浄機 エアドッグ 導入 当院の待合室では常に換気扇で空気の入れ替えを行っていますが、それに加え「Airdog(エアドッグ)」を設置致しました。

知覚過敏の原因とは?

むし歯ではないけれど「歯がしみる」という知覚過敏に悩んでいる人は少なくありません。何と日本人の4人に1人は知覚過敏の症状を訴えていると言われています。

歯の痛みと頭痛が併発する原因と症状とは?

歯痛によって頭痛が発生することはよくあります。逆に頭痛の発生により歯痛が起こることもあります。歯と頭が近い場所にあるために、一方の痛みにより連鎖が引き起こされることがあります。

その開口障害は顎関節症かもしれない?

開口障害は「口を大きく開けない」「口を開けると顎が痛む」などの症状が見られますが、そもそもの原因として顎関節症を発症している可能性があります。

関節円板のズレと顎関節症の関係

顎関節症になった人の7割近くが関節円板という顎の軟組織にズレが発生していると言われています。関節円板がズレると、顎の痛み、顎からのクリック音、口が大きく開かないなどの症状があらわれます。

顎関節症の診断基準とは?

顎関節症を発症しているかを診断するには日本顎関節症学会が定めた5つの基準を参考にするとよいでしょう。該当する症状があれば早めに専門医へ相談することをオススメします。