Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>原因, 症状, 顎関節症>原因不明の耳鳴りは顎関節症!?耳鳴りの症状と正しい治療法

原因不明の耳鳴りは顎関節症!?耳鳴りの症状と正しい治療法

顎関節症がもたらす病気や症状はさまざまですが、耳鳴りもその一つです。顎関節症は顎の疾患なので耳とは直接関係ない、と考える人がいるかもしれません。しかし、耳自体には特に異常や病気がなくても、顎関節症が耳鳴りの症状を引き起こすことは多いのです。

顎関節症による耳鳴りの症状と原因、治療法などについて詳しく解説します。

顎関節症が耳鳴りを引き起こすメカニズム

下顎頭(かがくとう)や下顎窩(かがくか)、関節円板からなる顎関節は、耳の鼓膜より内側にある内耳や中耳にほぼ接しています。内耳や中耳には、耳小骨という音を伝える細かな骨が重なり、さらにその奥にある「蝸牛(かぎゅう)」というカタツムリのような形状をした器官につながっています。

蝸牛は音を感知し脳に伝える細かな膜や神経などが集まっているため、蝸牛の中は非常に複雑で繊細な構造になっています。

そのため、顎関節に何らかの異常が起こり、スムーズに動かなくなると、その振動や圧迫、炎症などが耳小骨や蝸牛にある細かな骨や神経にも及び、正常に機能しなくなります。つまり、顎関節の異常が耳の内耳や中耳に影響を与えるため、耳鳴りの症状となって現れるのです。

また、内耳や中耳が正常に機能しなくなることで、耳鳴りだけでなく難聴が起こる場合もありますし、中耳には平衡感覚を司る三半規管もあるため、めまいの症状などが起こる場合もあります。顎関節症は決して症状が1つだけというわけではなく、耳の症状においては、「耳鳴り」「難聴」「めまい」などの障害を併発することも多く、症状の連鎖にも注意が必要です。

こんな症状があったら要注意!耳鳴りの症状とは?

耳鳴りは耳の中で何らかの音が聞こえる状態のことをいいます。音の聞こえ方は人によっても状況によっても異なりますが、最も多いのは「キーン」という高い音が続く症状です。これは顎関節症で耳鳴りを発症している患者の方からもよく聞かれる音の表現です。

また、必ずしも「キーン」という音ばかりでもなく、人によってさまざまな聞こえ方があるようです。耳鳴りの音には、次のようなものがあげられます。

・「キーン」……かなり高い音で、最も多い耳鳴りの聞こえ方
・「ピーー」……電子音のような高い音
・「ブーン」……蚊が飛ぶような少し濁った音
・「ジーン」……蝉が鳴くような音
・「ゴーン」……お寺の鐘が響くような低い音
・「ボーン」……エコーのかかったような反響する音
・「シャー」……飛行機の中にいるような音
・「ザーー」……雨が降っている時のような音

「聞こえる音の表現」の仕方は個人によって異なりますが、このような感覚の音が常に耳の中で響いている状態が耳鳴りの症状です。静かな場所にいる時だけ耳鳴りを感じる人もいれば、周囲が騒々しい場所にいるときに耳鳴りが聞こえるという人もいます。どこでどのような耳鳴りを感じるのかは、人によって千差万別です。

耳鳴りが起こりやすい人の特徴は?

日常的に耳鳴りを感じている人は、およそ2000万人いるといわれています。統計的には、40代後半から50代・60代の男性に多く発症する傾向があります。

しかし、小学生でも耳鳴りがするという子供もいれば、女性でも耳鳴りに悩む人は多くいます。また、耳鳴りは加齢による難聴の影響を受けることが多いのですが、難聴がなくても耳鳴りの症状が起こる「無難聴性耳鳴り」という症状もあります。その他にも「高血圧」「糖尿病」「服用している薬」などの影響で耳鳴りが起こる場合もあります。

顎関節症の影響から耳鳴りを発症していると自覚を持つ人は多くはありません。顎関節症が耳鳴りの原因になり得るという事は、あまり知られていないことだからです。しかし、顎関節症は、顎の症状だけでなく、耳や全身にも不定愁訴が波及する疾患です。耳自体に異常がないのに耳鳴りがするという場合は顎関節症の専門医で診療を受けることが大切です。

顎関節症が引き起こす悪循環とは?耳鳴りが治りにくい理由

まず、顎関節症によって顎関節に過剰な力がかかり続けると、アゴを動かす「咬筋」や“こめかみ”の部分にある「側頭筋」などの筋肉が緊張するため、刺激に対して敏感になります。

顎関節が圧迫された状態になることにより、耳の中の血流が悪くなったり、老廃物が溜まりやすくなるため、内耳や中耳にある細かな器官が正常に機能しなくなることも耳鳴りの症状が悪化する原因です。

こうした状態が続けば、顎関節の動きは悪くなるばかりで、アゴの痛みや不快感、耳鳴りの症状は強くなるばかりです。顎関節の不具合が増すことで、耳の異常はさらに悪化し、それがまた顎関節や筋肉の異常を引き起こす……という悪循環が繰り返されます。

一般的に「耳鳴りは治りにくい」と言われています。もしかすると、顎関節症が原因で、気がつかずに放置してしまっているケースが含まれているかもしれません。

顎関節症による耳鳴りはそのままにしないこと

耳鳴りは、あくまでも顎関節症によって引き起こされる症状の一つです。前述しましたが、顎関節症が引き起こす症状や病気は一つとは限りません。耳の機能は複雑で繊細なため、耳の機能が一つでも異常をきたせば、難聴など他の耳の疾患を引き起こす恐れもあります。

耳鳴りが治らない、顎関節症かもしれないと思った時にすべきこと

もしご自分で、耳鳴りが治らない、顎関節症に該当する症状がある、という場合、できるだけ早く専門医に受診することをお奨めします。まずは、耳鼻咽喉科で耳に何らかの病気や異常がないか調べるとともに、アゴのずれや不正咬合がないか、専門医に受診することも必要です。

耳そのものに異常がないにも関わらず、慢性的な耳鳴りの症状が続いている場合、その原因の多くには顎関節症が関わっていると考えられます。そして、顎関節症が起こる原因の多くは、下顎のずれや、歯の噛み合わせが悪いことに根本的な原因があります。

一番良くないのは、「耳鳴りは一生治らない」と諦めたり、「そのうちに良くなるだろう」と放っておいたりすることです。顎関節症による耳鳴り症状を放っておけば、病状が悪化するだけでなく、全身にさまざまな不定愁訴が引き起こされる可能性があります。

慢性的な耳鳴りを根本的に治すには、まずは耳の病気がないか検査が必要ですが、それでも原因が突き止められない場合、アゴのずれや歯の噛み合わせが原因かもしれないと考えて、専門医に受診することが大切です。

無料カウンセリングで原因を探る

新宿デンタルオフィスは、顎関節症・噛み合わせの専門クリニックです。これまで、顎関節症による耳鳴り・耳の不調でお困りのたくさんの患者様を診察してきました。

顎の不調と耳鳴りの症状をお持ちの方は、【無料カウンセリング】の受診をおすすめします。お気軽にご相談下さい。

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2017-11-16T18:38:41+00:00