Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>豆知識>原因>下顎のずれや歪みから顎関節症は始まる

下顎のずれや歪みから顎関節症は始まる

口を開閉する時に、顎の関節が「ジャリジャリ」、「ガクガク」言うことがありませんか?急に口が開かなくなって困っていませんか?

その症状は下顎のずれや歪みによる顎関節症の始まりかもしれません。この記事では下顎のずれや歪みと顎関節症の関係について解説します。

下顎のつくりとは?

下顎は会話や咀嚼する際に開けたり、閉じたり、横にずらしたりと動かしますが、「機能」「構造」「役割」などは普段意識することなく使っています。

下顎のつくりを知ることで顎関節症との関係が深く理解できるようになりますので簡単に解説します。

下顎の構造

顎関節は左右の耳の穴の前方に位置しており頭蓋骨と下顎骨が凹凸で咬み込むような形をしています。下顎骨側の凸部を下顎頭(かがくとう)、頭蓋骨の側頭骨にある凹部を下顎窩(かがくか)といいます。

この2つの間に関節円板という軟骨があり、口を開閉する時には関節円板も移動して、口がスムーズに動くための役割を果たしています。

口を開閉する時には、左右両方の下顎頭がシンクロして動きますが、この時に下顎頭はただ回転運動をしているだけではなく、少し前方に出ることによって、口を大きく開けられるようにしています。

下顎を動かす時、筋肉によって運動が生じますが、その筋肉は大きく2種類あります。口を閉じるために働く筋肉である「咬筋(こうきん)」「側頭筋」「内側翼突筋(ないそくよくとつきん)」「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」。口を開くために働く筋肉の「顎二腹筋(がくにふくきん)」「茎突舌骨筋(けいとつぜっこつきん)」「顎舌骨筋」「オトガイ舌骨筋」です。

下顎にはこれらの筋肉がそれぞれ左右に付着しており、口の開閉や顎を前に突き出したり引いたりする際に働きます。このように口の開け閉めの際には下顎の周りの筋肉が重要な役割を果たしますが、何かのきっかけで筋肉の働きのアンバランスが生じることで「下顎がずれる・歪む」ことが起こり、顎関節症が発症します。

下顎の役割は?

下顎は筋肉によってブランコのようにぶら下がっています。ものを噛む時や会話をする時に動くのはもちろんですが、筋肉や靭帯の伸びる範囲内で自由に動くことができます。

下顎は自由に動く反面、噛み合わせや顎位の変化によって、歪みが生じやすい構造でもあります。頭部の重心は、下顎の歪みによって変化しますが、私たちの身体は、頭の位置のずれに対し、様々なセンサーがずれを感じとり、頭をまっすぐに保とうと、全身を対応させてバランスを保とうとします。その際、顎周囲の筋肉もバランスを取ろうとして左右差が生じます。

頭の傾きが一時的な状況の場合には下顎のずれは戻りますが、ずれが長期間にわたると、身体のひずみが生じて、その結果として下顎がずれていきます。この状態が続くことにより顎関節症が発症するのです。

下顎のずれや歪みとはどんな状態?顎関節症との関係は?

具体的にイメージしにくい下顎のずれ・歪みですが、どんな状態でしょうか?また、どのようにして顎関節症は発症するのでしょうか?

顎が入り込んでいる

下顎骨は左右両端が顎関節によって頭蓋骨と繋がっています。ですから顎の左右の筋肉のバランスが崩れると左右どちらか負担の大きい方に偏位しやすくなります。
例えば、噛み合わせに何らかの問題や癖があって、右ばかりで物を咬んでいると、下顎も右にずれていきます。また、右の筋肉ばかりが働くことになり、筋肉の緊張が強くなります。

そうなると、下顎頭が頭蓋骨の方向につきあがった状態になり、顎関節を圧迫し、「右顎が入り込んでいる」という状態になります。顎の歪みは、身体の歪みに連動していますので、身体の歪みや悪い姿勢によって、徐々に顎が歪み、それに合わせて歯の噛み合わせも、顎が歪んだ状態で噛み合うようになってしまいます。

その状態で、身体のバランスが取れている間は、顎関節にも問題は起こりませんが、顎がずれた状態では、顎関節への負担も徐々に増していき顎関節症を発症します。

または、歯並びの不正から顎がずれた位置で成長することもありますので、成長期の歯並びの管理は重要です。成人になってからは、「歯の欠損・摩耗」「虫歯」「歯周病」「歯ぎしり」「噛みしめ」により、噛み合わせが悪化し、筋肉のアンバランスから下顎がずれて顎が入り込むケースもあります。

関節円板がずれている

関節円板とは、顎関節にある軟骨のような組織です。関節円板があることにより下顎は前後左右にスムーズに動かすことができます。しなしながら下顎がずれた状態になると、口を開け閉めする際に下顎頭に強い力が加わり、関節円板を前につき出すような動きになります。

関節円板が関節の前に押し出された状態になると、口を開けるときにカクッと音が鳴るようになったり、関節円板を支える筋肉・神経を圧迫して痛みが発生するようになります。

噛み合わせが悪化している

「虫歯により歯の頭(歯冠)が失われた」「抜歯して歯が無い状態」など、左右の噛み合わせのバランスが悪化すると、顎関節に偏った負担がかかってきます。

この結果、顎位のずれがおこります。顎がずれた状態でバランスを取ろうと筋肉が収縮するため、顎や身体にねじれや歪みが生じて顎関節症が引き起こされます。

筋肉・靭帯が硬直(緊張)している

睡眠時に歯ぎしりの癖がある人、仕事や家事のストレスにより噛みしめ癖がある人がいますが、実はこの時には普段の数倍の咬合力(噛み合った時の力)が上下の歯にかかっています。

長期間にわたって歯や顎関節に負担をかけ続けると、骨や歯だけでなく、筋肉や靭帯に負担がかかるため、過緊張(硬直)や炎症を起こして、顎の歪みや顔の歪みとなってあらわれます。

下顎のずれや歪みはなぜ起きるのか?

これまで述べてきたように、下顎のずれや歪みは深刻な顎関節症の症状を引き起こします。その原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

虫歯(歯周病)

虫歯や歯周病になると、その部位を使って噛むのは困難になります。痛みやグラつきから、その歯で噛むのを避けるようになるため、左右の顎関節にかかる負荷に差が出てきます。

また、虫歯が進行して歯冠が無い(歯の根しか残っていない)状態や、抜歯した場合は、顎を支える土台が無くなった状態になるので、その分、顎が入り込み、顎関節に負担がかかります。また、虫歯や虫歯治療で詰め物をしたり、被せ物をしたりすることで、噛み合わせが悪くなって顎関節症を発症するケースも見られます。

歯ぎしり、食いしばり、TCH

歯ぎしりは睡眠時におこなうため自分では気づきにくい癖です。睡眠時に上下の歯を強くこすり合わせるため、歯の摩耗・ぐらつき、筋肉の緊張・炎症など、歯だけでなく、顎関節にも大きな負担となります。顎や筋肉の不調を感じるようになったときには、顎関節症がかなり進行していることがあります。

歯ぎしり、食いしばりが癖になっているTCH(Tooth Contacting Habit: 意識せず上下の歯が軽く触れている程度の状態)がある人は、日中の活動中に常に噛みしめ続けているため顎関節・筋肉に大きな負担をかけています。

歯ぎしり、食いしばり、TCHは20—30歳台を中心に多くの人が持っている癖です。それだけ顎関節症の予備軍はたくさんいるということが言えます。

偏咀嚼

「しっかり噛める歯は左右どちらですか?」「普段使う歯はどちらですか?」こう聞かれたら、左右どちらか一方の歯だと答える方は多いと思います。例えば右利きの人は、お箸で取った食べ物を左側に入れやすいため、左側でよく噛む人が多いようです。

このような片側噛みの癖を「偏咀嚼(へんそしゃく)」と言います。偏咀嚼が長期間続くと「歯の擦れ」「欠損」を招き、さらによく使う方の筋肉を強くして、使わない方の筋肉を衰えさせます。噛み合わせの悪化に繋がるため、顎関節症の発症要因と言われています。

外傷

転倒や交通事故などにより「下顎骨」「耳の前あたり」などの顎周辺に外傷を受けると「関節円板の損傷」「顎関節周囲の組織が腫れ」「痛み」などにより、顎が動かしにくくなります。

また、転倒して顎を強く打ったり、ボクシングのパンチのように横からの力が顎関節にかかった場合などには、いわゆる「つき指」をしたような状態になります。

そうなると損傷した箇所が回復して噛み合わせが落ち着くまでの間は下顎がずれやすくなります。回復するまでの期間や、ダメージが残ったまま治癒すると、左右の顎のバランスが不均一な状態になりますので顎関節症の発症リスクが高くなります。

成長発達によるもの(顎顔面の成長と歯並び)

小児期から成人になるまでの間、上顎と下顎はそれぞれの成長速度に差がでます。そのため歯並びが乱れてしまうと噛み合わせが悪化することがあります。

上顎と下顎とで噛み合う部分の歯が少ないと、咀嚼する時の顎への負担もそれだけ大きくなるため顎関節症のリスクが上がります。

下顎のずれ・歪み-顎関節症の初期症状

顎関節症は下顎のずれ・歪みから発症するケースが多く見られますが、その初期症状は顎周辺の局所的な症状があらわれます。以下のような不調や異常が出始めたらできるだけ早めに専門医に相談しましょう。

顎が鳴る

顎関節症の初期段階は、開閉口時に関節がカクカクもしくはジャリジャリと鳴ることがあります。関節円板の動ける空間が狭くなるため、口の開閉時に関節円板が前に押し出されて、関節の音や骨がこすれ合うような音がします。

顎の音は顎関節症発症のサインの一つです。音が鳴りだしたら、早めに専門医に相談しましょう。

顎の痛み

顎関節が鳴るようになったまま放置すると、口が開けられない状態になったり、顎の痛みが生じることが考えられます。

左右で噛む時に顎関節にかかる力がアンバランスで、片方の顎関節に大きな力がかかると、顎関節に多く存在する痛みのセンサーが反応して痛みが現れます。また噛む時に使う筋肉にも筋肉痛としても現れます。

歯の痛み

下顎がずれることで、今までよりも強い力がかかる歯が出てきます。力がかかる方向も、歯を押し込むような方向にかかるだけでなく、左右に揺さぶりをかけるような方向にかかる場合もあります。

歯や歯周組織への圧迫による痛みが原因というケースもありますが、実は痛みの原因が歯痛ではなく、咀嚼筋の炎症、過緊張によることがあります。

口が開かない

下顎を動かしたり、口を開くときに大きな役割をはたすのが、上下の顎の関節の間にある軟骨のような組織の「関節円板」です。下顎のズレが生じると関節円板もずれるため、口を開けようとするときに下顎の先端の下顎頭が上顎の関節結節に引っかかってしまいます。

そうなると、開口時に痛みも生じるためにますます口を開けにくくなります。

下顎のずれ・歪み-重度の顎関節症

下顎のずれ・歪みから発症した顎関節症の異常や痛みを放置すると、全身症状となって重度の顎関節症になることがあります。

身体の歪みが顎の歪みに影響するのと同じように、顎の歪みが全身の歪みに繋がることもあります。様々な不定愁訴に悩まされ、原因が見つからない場合は、顎の影響も考えてみることをお勧めします。

顔の歪み(顔面骨格の歪み)

下顎に付着している口を閉じる筋肉は、頭蓋骨の一部である側頭骨に付着しています。側頭骨は耳の穴と頭部の側面を構成している重要な骨です。

下顎を支えているのは両側の側頭骨であるため、下顎がずれると、両方の側頭骨をずらす力になります。そのため、顔の歪みとして現れます。

頭痛(筋肉の引っ張り合い)

下顎が歪むと、顎から側頭部にある「咀嚼筋群の緊張」「引っ張り合い」などにより側頭部にある筋肉に痛みが発生します。

また側頭骨の歪みが顔の歪みに直結し、頭蓋骨の中にある脳や血管を圧迫するため、血流障害によって頭痛がおきやすくなります。

めまい・耳鳴り

顎関節のすぐ後ろには耳があります。耳は内耳・中耳・外耳など聴覚やバランス感覚に関連する組織や繊細な神経の集まりです。

これらが顎関節のすぐそばにあることから、顎関節へ負荷がかかり続けると、血流障害が起き、すぐ真後ろにある耳に影響し、めまいや耳鳴りを引き起こすことが考えられます。

めまいや耳鳴りは時間がたつと治すのが難しくなります。下顎の歪みからめまい・耳鳴りが発生しはじめたら早めに専門医の診察を受けることが重要です。

肩こり・首こり(僧帽筋への影響)

下顎の周辺には咀嚼筋群という様々な筋肉がついています。下顎がずれると、筋肉の炎症や緊張により「こり」「硬直」の症状があらわれます。

顎を開ける際に使う筋肉は、両方の肩甲骨や鎖骨につながっています。下顎のずれや歪みが、これらの筋肉の緊張をお越し、「首こり」「肩こり」が起きるようになります。

全身の歪み(骨盤の歪みなど)

身体は、様々な刺激を受けても、バランスを保ちながら、健康を維持しています。そのバランスが崩れた時に、不調があらわれます。身体の歪みも同じように、歪みがあることが全て悪いわけではありません。身体がバランスをうまく保てない範囲になった場合、何が原因かを探ることが大切です。

下顎の歪みは、頭部の重心を崩し、頭部をまっすぐに保つために、首や、背中、腰を対応させるように歪みます。特に骨盤は、全身の土台となるので、さらに全身の歪みへと広がっていきます。

下顎のずれや歪みに気がついたら、専門医に相談を!

顎関節症は顎の不調からストレスまで様々な要因が積み木のように重なることで発症する病気と言われています。その発症要因で多いのが、これまでご説明してきたように下顎のずれや歪みです。

ご自身で下顎のずれや歪みを自覚したら、できるだけ早期に専門医に相談することが適切な改善方法です。

新宿デンタルオフィスでは、顎関節症でお悩みの方のために「無料カンセリング(予約制で1回3~4時間)」を実施しています。ご自身の症状を把握するためにも、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

まずは専門医による無料カウンセリングをご予約下さい。電話03-6304-0917

2018-02-27T16:07:29+00:00