Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>原因, 顎関節症>顎関節症と不定愁訴の関係とは?

顎関節症と不定愁訴の関係とは?

不定愁訴(ふていしゅうそ)とは、「イライラ」、「気分が悪い」、「集中できない」などの精神的な不調。「肩こり」、「めまい」、「頭痛」などの肉体的な苦痛が原因はよく分からないまま続く状態のことです。

最近では若い女性を中心に不定愁訴を訴える患者が増えています。不定愁訴になる要因は、精神疾患、身体的疾患などさまざまなケースがありますが、顎関節症との関係も専門家の間では指摘されています。

ここでは不定愁訴と顎関節症の関係について解説します。

不定愁訴とは

不定愁訴とは、原因は特定できず漠然としているものの「精神的な不調」や「肉体的な痛み」をともなう症状があらわれることです。

不定愁訴は、大きく「自律神経失調症型」、「神経症型」、「抑うつ型」と3つに分けられます。具体的には、頭痛、吐き気、めまい、動悸、下痢など身体的なものから、イライラ、不安、憂鬱、無気力、緊張などの精神的なものまでさまざまな症状があります。

肉体的な苦痛が原因で精神的な不調を招いたり、逆に精神面な不調が肉体に悪影響を及ぼすケースも見られます。

不定愁訴は、まだまだ一般の人には知られていない病気であり、その原因もよく分からないため症状が出ても我慢する人がいます。しかし我慢し続けることで一つの不調が違う不調を生むなど症状悪化することがあります。

これらの症状が続くようなら原因を究明して改善に務めることが重要です。

不定愁訴に悩む女性が増加している

不定愁訴は男性よりも女性のほうが多いのが特徴です。特に若い女性に多く現代では2人に1人が不定愁訴に悩んでいると言われています。また、不定愁訴は若い女性だけでなく更年期の女性も決して少なくありません。

女性特有の疾患と聞くと「女性ホルモン」、「月経不順」などに起因していると考えられがちですが、しかし、そればかりではなく「器質性疾患(内蔵異常など)」、「身体の異常」、「ストレス」も大きく関係していると言われています。

一般的に女性は男性よりもストレスを感じやすく、体の不調に対しても敏感な傾向にあります。特に精神的にデリケートなタイプの女性は要注意で、複数の悩みを抱えた状態になると不定愁訴になりやすいと言われています。

不定愁訴の原因が実は顎関節症だった

「デリケートな女性」、「悩みやストレスを抱えた状態」が不定愁訴になりやすいと伝えましたが、これは顎関節症も同じです。不定愁訴と顎関節症、一見すると結びつかないように感じるかもしれませんが実は大いに関係があります。

顎関節症は、下顎の位置の異常、噛み合わせの悪化などにともない、「頭痛」、「口が開かない」、「筋肉の協調不能」、さらには、顎口腔筋の圧迫による「頭痛・肩こり」、脊椎のゆがみによる「めまい」などの諸症状が出る病気です。また、肉体的な症状だけでなく、倦怠感、イライラ、抑うつなどの症状があらわれることもあります。

このように不定愁訴と顎関節症の症状は共通項が多く、実はそもそもの原因が顎関節症だったというケースは少なくないのです。

顎関節症と不定愁訴の症状の事例

顎関節症と不定愁訴の関係では「噛み合わせの悪化」が大きな要因の一つと言われています。

全身骨格の動きに付随して筋肉の引っ張り合いがおきる筋肉の症状であったり下顎位のずれなどにより「側頭骨」、「気管」、「頚椎」が圧迫されることでおきる痛みなどが不定愁訴を引き起こすと言われています。

顎関節症による不定愁訴で多く見られるのが以下のような症状です。

【顎関節症による不定愁訴の症状例】

  • 頭痛:側頭骨の圧迫・ゆがみなどにより筋の緊張がともなう
  • 耳鳴り・めまい:側頭骨への下顎の圧迫や三半規管の偏位
  • せき・痰が出る:下顎の後退により気道・気管が圧迫される
  • 睡眠障害:頭痛、イライラ、不安などによる
  • 手のしびれ:下顎骨が後退し頚椎を圧迫する
  • 舌を噛む:下顎のねじれにより頻ぱんに舌を噛む

噛みしめていないか?顎の痛みはないか?

このように不定愁訴の症状で苦しんでいる人は顎関節症の可能性も疑ってみるべきでしょう。

まずはご自身が朝起きて「顎が痛む」、「口が開かない」などの症状があれば高い確率で顎関節症になっている可能性があります。また、強い痛みはないものの「歯ぎしりの癖がある」、「無意識のうちに噛みしめてしまう」などにより、顎口腔に違和感、筋肉の張りなどの症状が見られる場合も要注意です。

親知らずを抜いたり、歯の治療で削ったりして咬み合わせが悪くなっていないかもチェックすべきポイントです。

専門医の診断を受けること

不定愁訴の症状とともに顎の周辺に痛みや違和感を感じたら、まずは専門家の診断を受けることが大切です。痛みや不調を感じて、それを自分だけで抱え込むことは決して適切な解決法とは言えません。

早めに専門クリニックでカウンセリングを受けることで問題が解決するかもしれません。

新宿デンタルオフィスは不定愁訴で悩む方から多くのご相談がよせられます。当院では、噛み合わせや顎関節症の無料カウンセリング(1回 3,4時間の診察)をおこなっていますので、もし不定愁訴による不調を感じるようでしたらお早めにご相談ください。

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2017-09-11T12:16:48+00:00