Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>治療法, 顎関節症>顎関節症は自然治癒する?

顎関節症は自然治癒する?

顎関節症は放置しておいても症状が消える事があります。
一説によると顎関節症患者のうち、およそ3分の1は放置したままでも症状が消失したそうです。
しかし、全体の3分の2は顎関節症の治療を必要としているのですから、必ずしも放置しておくことが最善とは限りません。
そこで、顎関節症の自然治癒と治療を受けた場合を比較してみましょう。

顎関節症の治療は痛みを早く鎮められる!

顎関節症の治療を必要とするケースとして、顎に痛みを伴う症状が挙げられます。
食事の時など顎を動かすたびに痛みを感じるようになると、日常生活にも不便を生じてしまうため迅速な治療が必要になるからです。
そのため、顎関節症の治療を受ければ痛みを抑えられるだけではなく、諸症状を緩和できます。
対して自然治癒を目指す場合は、顎の痛みを我慢しなくてはなりません。
ちょっとした痛みや違和感程度なら問題ありませんが、口を動かすたびに激痛を感じるなら自然治癒は難しくなるでしょう。
また、顎に痛みを感じないように日常生活で常に意識する必要があるので、毎日の生活に不便を感じてしまいます。
総合してみると、痛みの程度によっては自然治癒よりも医師の診察を受ける方がベターです。

生活習慣の見直しを!

顎関節症の兆候があっても、なかなか通院に踏み切れない方も多いと思います。
特に毎日の仕事が忙しい方なら、病院に行く時間を作るのも難しいでしょう。
顎関節症の症状を抑えるために必要となるのは、日ごろの生活習慣の見直しです。
まず、顎関節と密接な関係のある首周りの姿勢を正してみましょう。
例えば、猫背になりがちな方なら意識して首と背骨が直線になるような姿勢を心がけましょう。
他にも、左右の肩が並行になるような姿勢など、見直すべきポイントは多々あります。
このように正しい姿勢を身につけることによって、顎関節症の症状が徐々に緩和する可能性もあるからです。
また、顎の使い方にも気を配りましょう。
大きく口を開く習慣を減らしたり、口を酷使しないような食事方法にするのも必要です。

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2017-06-14T21:53:19+00:00