Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>症状, 顎関節症>ストレスからくる顎関節症

ストレスからくる顎関節症

ストレス社会と呼ばれる現代、多くの方が何らかの形でストレスを抱えていると言えます。家庭でのストレスや仕事でのストレスなど、さまざまですが、ストレスが引き金となって病気を発症することも多く、ストレスが健康に与える影響というのが非常に多いことも分かってきており、健康を考えるうえでストレスをどう対処するかということが非常に大切です。

近年、ストレスが原因となって顎関節症を発症される方も多くなってきています。
それは、ストレスが原因で、寝ている間に無意識のうちに歯ぎしりや食いしばりが強くなったり、日中も奥歯を噛みしめてしまったりと、顎への負担が大きくなるからです。その為、顎が痛くなったり、口が開かなくなったりと、顎関節症の症状を引き起こしてしまうのです。

では、ストレスで強くなってしまった歯ぎしりや、食いしばりから顎を守る、顎関節症の発症を防ぐには、どうしたらよいでしょうか?それには、大きく2つの対応策が考えられます。

対策1 ナイトガードで夜間の歯ぎしり、食いしばりの力の負担を軽減する

夜間の歯ぎしり、食いしばりの力は、日中、つい噛みしめてしまう力の何倍も強く、顎を痛める最大の要因となります。
ナイトガードを夜間使用することにより、歯ぎしりや、食いしばりをしても、顎関節にかかる負担を軽減できるので、顎を守り、同時に歯が削れてしまうことも防ぐことができます。

対策2 抜本的に顎のズレを治し、正しい噛み合わせを作る

歯ぎしり、食いしばりは、脳がストレスを解消するために行われると言われていますが、特にストレス状態になくても強い歯ぎしりや食いしばりをしている場合、顎の位置が悪いことや、噛み合わせが悪いことが原因と考えられます。

睡眠時の姿勢では、下顎が下がるので、呼吸を確保させようと無意識に下顎を前に出そうとします。その時に、歯や顎の骨が引っかかって邪魔をしていると、顎をずらして食いしばったり、歯をすり減らすほどの強い力で歯ぎしりをしたりしてしまいます。
ですから、寝ている間も下顎がスムーズに誘導されるような、正しい噛み合わせに矯正することが大切です。

ストレスの要因そのものを全て無くすのは難しい現代ですが、歯ぎしり、食いしばりの力をコントロールすることでストレスの影響を受けにくくすることができると言えます。

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2017-06-28T23:38:57+00:00