Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>症状, 顎関節症>顎がカクカク(ガクガク)鳴るのは顎関節症かもしれません

顎がカクカク(ガクガク)鳴るのは顎関節症かもしれません

口を開け閉めするとき、顎を動かしたときに「カクカク、ガクガク」のような音がすることで不安を感じていませんか?顎が開きづらくなって、おかしいなと思うことが、最近ありませんか?

これらの音は通称クリック音と呼ばれ、関節がずれることによって起きる雑音です。クリック音がするからと言って必ずしも顎関節症ではありませんが、「口が開かない」「顎が痛む」などの症状が併発しているようならなら危険信号です。

顎が鳴るという症状と顎関節症について解説します。

なぜ顎が鳴るのか?

普段は音がでるはずがない顎の辺りから異音が鳴ると不安になります。しかも、カクカク(ガクガク)のような聞きなれない音ならなおさらです。この顎が鳴るという不思議な症状は関節のズレによるものです。噛み合わせの悪化や下顎の捻じれなどにより引き起こされる症状です。

例えば、噛み合わせが悪化すると、食べ物が噛みにくくなるため、無意識に顎の位置(顎位)を噛みやすい方向へずらして噛むようになります。片方の顎の筋肉は常に使っている状態のため、顎の筋肉・靭帯には大きな負担がかかります。次第に下顎はズレたり捻じれを起こすようになります。

そうなると、「関節円板」と呼ばれる下顎の動きをスムーズにするクッションのような役割を持つ軟骨組織や靭帯が下顎の突起した骨(下顎頭)に前に押し出されます。

このように下顎が捻じれた状態で、口を開閉すると関節円板がズレて「カクカク・ガクガク」のようなクリック音や骨が擦れたような「ジャリジャリ・シャリシャリ」のような雑音が聞こえるようになるのです。

顎が鳴るのは顎関節症の初期症状によく見られます。もしクリック音がするようならば、耳鼻科、歯科医院ではなく、まずは顎関節症の専門クリニックに受診するのが適切な対応です。

どんな音が鳴るのか?

顎が鳴るのは、口を開け閉めしたときに関節円板がズレることにより、音が発生しますが、その音の種類も顎関節の状況によって違いますし個人差もあります。

また、人間の耳の聞こえ方は人それぞれであり、顎関節症の患者様は顎の音をいろんな擬音語(ぎおんご)で表現しますが、このような顎の音が聞こえるようになったら顎関節症を疑わなくてはなりません。

【よく聞かれる顎の音】
・カクカク、ガクガク
・カックン
・コッキン
・ジャリジャリ
・ジョリジョリ
・シャリシャリ
・ガリガリ
・バリバリ
・バキバキ
・バキッ

今まで顎の音が鳴っていたけれど、しばらく経ったら音がしなくなったという方もいます。このような症状の方は、顎関節症が治ったわけではなく、一時的に関節円板が元の位置に戻ったか、ずれたまま治まっているだけという場合もありますので要注意です。

顎が鳴る原因は顎関節症?

顎が鳴るのは、噛み合わせの悪化や顎位の変化により顎関節症を発症している可能性があると述べてきましたが、以下のような癖や症状があるならば、顎関節症の疑いはますます強くなります。

1.歯ぎしり
歯ぎしりはグライディングと呼ばれる上下の歯をギシギシとこすり合わせる癖です。睡眠時に無意識のうちにおこなってしまうため本人は自覚しないこともあります。

歯ぎしりは強い力が働くために歯質だけでなく歯茎にも大きなダメージを与えますが、顎関節、筋肉、靭帯にも大きな負担をかけます。そのため、歯ぎしりを頻ぱんにする結果、下顎のズレ、捻じれなどが起こり「顎が鳴る」「顎関節症を発症する」というケースは多く見られます。

2.偏咀嚼(片側噛み)
偏咀嚼という食事の際に左右どちらかの顎ばかりを使って食べる人がいます。ガムを片側で長時間噛むというのもこれに該当します。当然ながらよく使う方の顎や筋肉には大きな負担がかかります。一方で使わない側の顎の周辺は弱くなるため、左右の顎のバランスが悪くなります。

このような偏咀嚼の状態が長く続くことにより、下顎がズレて顎関節に異常が生じます。さらには顎の「クリック音」「雑音」が鳴りはじめて、顎関節症が進行していきます。

3.外傷(事故、打撲など)
事故、殴打などの外傷により、顎の周辺に外から強い力が加わると、顎口腔内の「筋肉(靭帯)や骨は傷つく」「関節円板がズレる」など、機能的に大きな影響を受けます。なぜなら下顎は上顎から靭帯と筋肉によってブランコのようにぶら下がっているデリケートな作りだからです。

関節円板がズレると、「顎が鳴る」「顎から異音がする」「口が開かない」、などの顎関節症に発展するようになります。

4.歯を削る
歯を削ることで噛み合わせが悪くなって顎関節症を発症することがあります。あるいは顎関節症の初期症状の人が、歯を削ることでさらに症状が悪化することがあります。

顎が鳴る、痛みがある状態ならば、顎関節症の可能性が高いため、歯の治療を安易に歯科医院でおこなうのはリスクがあります。顎関節症の専門医に相談の上、歯を削る、抜歯するなどの治療を検討する必要があります。

5.頬杖、うつ伏せ寝、猫背
頬杖やうつ伏せ寝は知らず知らずのうちに顎関節に負担をかけています。猫背になると頭部が前方に傾くため下顎が奥に入りやすくなります。

いずれも下顎の捻じれなどから関節円板がズレることにより、顎が鳴りはじめて顎関節症を発症するケースがよくあります。

6.入れ歯、詰め物、被せ物
入れ歯、詰め物、被せ物をするとこれまでと噛み合わせが変わることがあります。このような治療をおこなった後に、「顎が鳴る」「顎から変な音がする」という症状が見られたら、噛み合わせがずれて、顎関節症が発症する恐れがあります。

また、「4.歯を削る」の箇所でも説明しましたが、「顎が鳴っている」状態のときに、入れ歯・詰め物などの治療をおこなうことで、さらに噛み合わせが悪くなることがありますので気をつけましょう。

7.精神的ストレス
精神的なストレスは顎関節症になる要因の一つと言われています。「顎が鳴る」「顎から音がする」ようになると、不安を感じてストレスになります。

顎の不調とともにストレスを抱え込むことで一気に顎関節症が進行することがあります。「顎が鳴る」などの症状が続くようなら、できるだけ早期に専門医への相談が必要です。

他の病気である可能性も

顎が鳴るのは、顎関節症以外の病気である可能性もあります。顎関節症と似た症状を持っている他の病気についてもご紹介します。

・親知らずの炎症
・顎関節や顎の筋肉の炎症、外傷など
・顎に関する神経の炎症など
・発作性神経痛
・歯や歯周組織など口内の病気
・慢性頭痛
・脳に関連する病気(脳腫瘍、脳内出血など)

歯や顎の筋肉に痛みが生じる場合は、その部位に炎症を起こしている可能性もありますし、神経痛や脳に関連する病気の場合は顎を含めた顔全体に痛みが生じることもあります。

顎関節症が疑われるのはこういうケース

前述したように「顎が鳴る」だけなら他の怪我や病気の可能性がありますが、以下のような症状を併発しているなら、顎関節症が進行している疑いは強くなります。

・口の開閉に連動してあごに痛みを感じる
・かみ合わせに変化や違和感が生じる
・口を大きく開けづらい(指2本分以上開かない)
・耳鳴りがする
・顔が歪んでいる
・頭痛、肩こりがある

顎がカクカク鳴るだけでなく、このような症状があるなら、早期に専門医にカウンセリングを受けましょう。

顎関節症かも!?と心配になったら専門医へ

「顎の音が鳴り続く」「顎の周辺に不調を感じる」という場合には、放置するのはリスクがあります。今は痛みがなくても顎関節症が進行している可能性があります。

以前にも同じ症状を放置していたら大丈夫だったので、今回もすぐに治るだろうと考えていたところ、いきなり口が開かなくなって顎が痛くなったというケースもあります。よく指が2本以上入らないと言われますが、実際に開かなくなっていき、そのうちご飯も食べられないぐらい激しく痛むことがあります。

新宿デンタルオフィスでは、顎関節症の患者様はもちろんのこと、ご自身が顎関節症なのか不安に感じている方にも無料のカウンセリングを行っています。(1回3~4時間)セカンドオピニオンとしてご活用頂くことも有効ですので、顎関節症の専門医のカウンセリングを受けてみませんか。

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2018-01-29T13:23:56+00:00