Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>原因, 顎関節症>女性が顎関節症になりやすい原因とは

女性が顎関節症になりやすい原因とは

女性が顎関節症になりやすい原因とは

食事の際、顎を開けると関節が鳴るという方はいませんか? 他にも口が大きく開かなかったり、開こうとすると痛みが生じるという方はいないでしょうか。

以上の三つは顎関節症の三大症状と言われています。実はこの顎関節症、とくに若い女性がかかりやすいという報告が出ているのです。

今回は顎関節症の原因や症状、対策、そしてなぜ女性に発症しやすいのかご紹介します

原因不明!? だから怖い!

顎関節症の原因については、はっきりとしたものがまだ判明していません。さまざまなものが複合的に作用して発症すると言われています。

例えば原因と考えられているものの一つに「噛み合わせ」があります。日ごろから片方の顎だけで物を噛んでいると、噛み合わせが歪み顎関節症になるという意見があります。

この他に挙げられる原因の候補として、以下のものがあります。

・寝るときにうつ伏せである
・顔の片方側ばかりが枕と接している
・歯ぎしり癖がある
・長時間同じ姿勢でいる
・歯を食いしばる癖がある
・顎をぶつけた
・頬杖をよくつく
・食事の際に口を大きく開ける

私たちの日常生活の中に、顎関節症の原因が沢山潜んでいます。まずはこれらの生活習慣を改善することが、顎関節症治療の第一歩です。

顎関節症の症状

顎関節症は些細なことが原因で発症しかねません。では、顎関節症が発症すると、具体的にはどのような変調が体にでるのでしょうか。

始めに紹介した症状の他にも、以下のような症状が確認されています。

頭痛
首や肩の痛みとこり
耳の症状(耳の痛み,耳鳴りなど),
舌の痛み,味覚の異常,
めまいや目の疲れ,
口の乾燥感
食事の際に顎が疲れる、
物を良く噛めない

このように、顎関節症は顎以外にも症状が出ていることが分かります。また、これらの症状は顎関節症以外でも見られる症状です。つまり、なにか別の病気かなと思ったら顎関節症だったということが多々あります。

女性患者が多い原因

顎関節症は20代から30代の女性に多い傾向があります。その原因の一つが、ストレスです。

現在の20代から30代の女性の中には、社会に進出して活躍されている方が少なくなりません。そして仕事にまつわるストレスを日々受けている方が多くいます。

女性は男性よりもストレスに敏感であるという特徴があり、無意識に歯を食いしばっている方が多いのです。

さらに、女性は男性よりも顎が小さく、顎の筋肉量も男性より少ないという特徴があります。そのような特徴も合わさって、20代から30代の女性に顎関節症の症状が多く見られるようになったのです。

顎関節症は治しやすい!

背中の痛みは内臓が原因?

さまざまな原因から発症するリスクがある顎関節症ですが、治療自体は決して難しいものではありません。さらに言うと、自然治癒でも発症者の1/3が治る傾向があります。

また、自分一人でも自宅で治療ができるというのも顎関節症の特徴です。

・顎ストレッチ
顎関節症にかかっている人は、顎の筋肉が緊張している状態にあります。ストレッチをしてほぐしてあげましょう。
1:人差し指中指薬指の三本を縦に並べて、それらが入るくらいにまで口を開けて15秒我慢する。
2:顎を前にしゃくりだして15秒我慢する。
3:2とは反対に顎をひっこめて15秒我慢する。
4:顎を左右にずらして15秒ずつ我慢する。

以上のストレッチを毎日行って、少しずつ顎周りの筋肉をほぐしていくことができます。ただし、顎を動かすときに痛みを覚えるようでしたら、無理のない程度に抑えましょう。

ストレッチは顎関節症の症状が軽度であるときに有効ですが、より確実に治したいなら医者に行くことが一番です。

実は顎関節症は症状の進行具合によっては手術が必要な場合もあります。そのような見極めはプロにしかできないので、ぜひ一度病院に行って検査してもらいましょう。

 

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2017-06-14T13:10:18+00:00