Loading...
顎関節症・噛み合わせの治療は「新宿デンタルオフィス」:Home>豆知識>治療法>受け口を手術ナシでも改善できる!顎位矯正装置とは

受け口を手術ナシでも改善できる!
顎位矯正装置とは

受け口の原因は骨格や歯並びなど先天的なものが多く、自然に治癒することはほとんどありません。

なかには幼少期の受け口が大人になるに連れて解消されるケースもありますが、大半は成人しても受け口の悩みは付きまとってしまいます。

そのため、長い間受け口が悩みの種になっている方が多いでしょう。

そこで、受け口の治療についてまとめてみました。

受け口は外科手術がベスト?

受け口は効果的な治療法が少なく、外科手術が最適と言われています。

その理由は、顎を正しい位置へ治して受け口を解消するために、骨格を削ったり組み直したりする治療が必要になるからです。

つまり、顎周りを外科手術することによって、受け口を根本から解消することができます。

一見すると効果的な治療に思えますが、外科手術には大きなリスクが付きものです。

受け口の外科手術は万全を期していますが、100%成功するとは限りません。

手術の失敗リスクがあるだけではなく、感染症などのおそれもあります。

病院側は細かな点まで配慮してくれますが、あくまでも避けきれないリスクがあることを覚えておきましょう。

このように受け口の外科手術は身体的なリスクも生じてしまいます。

受け口の根本的な治療には繋がりますが、デメリットとのバランスを慎重に検討してみてください。

顎位矯正装置で安全に受け口を治す!

受け口を安全に治したいのであれば、顎位矯正装置を取り入れた治療をお勧めします。

顎位矯正装置とは顎の位置を矯正するための専用プレートです。

患者それぞれの顎の状態に合わせた最適なプレートを口内へ入れることによって、顎の高さやバランスを調整します。

このように受け口の治療は外科手術だけとは限りません。

顎位矯正装置を使えば、気になる受け口を改善できます。

見た目を整えることにも繋がるので、受け口に悩んでいるなら専門クリニックへ相談してみましょう。

受け口と歯並びは同時に治そう!

受け口は顎周りの関節だけが原因ではありません。

歯並びの悪さが噛み合わせを狂わせているケースも多く、受け口を根本的に解消するためには歯並びの矯正も必要になります。

歯並びを治すためには3次元ワイヤーを使う治療法が一般的です。

3次元ワイヤーで歯並びを整えながら、顎の高さや噛み合わせも矯正できるので受け口の再発防止にも役立ちます。

また、歯並びを治すことによって噛み合わせが安定します。

いくら顎の位置を矯正しても歯並びが悪いままでは、噛み合わせがずれてしまうので受け口の改善に繋がりません。

受け口の悩みは専門クリニックへ!

専門クリニックでは顎位矯正装置をはじめとして、受け口の悩みを解消する治療法を取り揃えています。

患者のニーズに応えた治療内容をモットーとしているため、希望があればカウンセリングで伝えておきましょう。

また、受け口を治療することによって、顎関節症の予防にも繋がります。

まずは専門医による無料カウンセリングでご相談ください。電話03-6304-0917

2017-06-11T22:26:47+00:00