噛み合わせ治療

顎関節症治療

噛み合わせが原因だった!?

現代人の多くは、肩こり、腰痛、頭痛、慢性疲労、様々なアレルギーと、何らかの体のトラブルをかかえていると言えるでしょう。パソコン・ゲームのやりすぎ、運動不足、食生活の乱れ、ストレスなど原因は様々考えられますが、根本的な原因のひとつには、歯の噛み合わせ不正、それに伴う顎や頭蓋骨、全身の骨格の歪みにあることが考えられます






良い噛み合わせが鍵

正常な頸椎は緩やかなカーブと椎間板で、食事などでかかる噛む力をうまく吸収、発散させることが出来ます。ところが、噛み合わせが悪いと、噛む力を発散させる事が出来ずに、頸椎に過大な負担をかけることにより、頸椎が歪んでいきます。

頸椎の歪みは、胸椎・腰椎へ広がりやがて体全体が歪んでいきます。
こうして、体が歪んでしまうと、背骨と臓器をつなぐ神経の伝達がうまくいかなくなり、血流の流れも悪くなります。
そのため、全身に様々な症状があらわれると考えられます。

顎関節症を発症した人の中には、顎や顎周辺の痛みだけでなく様々な不定愁訴に悩まされることがあります。噛み合わせと全身の関係を考えると不思議なことではないかもしれません。
体にかかる力をうまく吸収、発散できるバランスのとれた骨格は、良い噛み合わせが鍵と言う事です。


顎関節症お問い合わせ

▲このページの先頭へ