親知らずと顎関節症の関係とは?抜歯が原因になることもある?

主に「顎が痛む」「口が大きく開けられない」「顎がカクカクと音が鳴る」などの症状が現れる顎関節症。
顎関節症を引き起こす原因は様々ですが、その一つには「親知らず」があります。
これを抜歯することで、症状が改善されることもあるのですが、はっきりと親不知が
原因で、それを抜けば顎関節症の症状が改善すると特定できないまま、抜いてしまうのは
危険です。例え、親不知が原因だとしても、一度マウスピース等で顎関節症の症状を改善してから、抜歯するかどうかを検討する方が安心でしょう。

それでは、どのような場合には親知らずを抜歯した方が良いのでしょうか?

親知らずは抜いたほうが良い?

親知らずとは、永久歯が生えそろった後、奥歯のさらに奥に生えてくる上下4本の歯のことを言います。
親不知は、抜いたほうが良いという意見と、抜かない方がよいという意見がありますが、どのような場合に抜いたほうが良いのか、抜かない方が良いのかの差があるのかお話したいと思います。

<抜歯した方が良いケース>
・親知らずがはえるスペースがなく、他の歯を圧迫して噛み合わせを悪くしている。
・磨きづらいため虫歯や歯周病になっているになっている。

<抜歯しなくても良い・しない方が良いケース>
・顎の大きさに合っており、まっすぐ生えており奥歯として機能している(噛み合わせがの邪魔になっていない)

このように、同じ親知らずでも状況によって抜歯した方が良いものとそうでないものがあります。
ただし、ご自身での判断は難しいと思いますので、気になる場合にはまずは歯科医に相談してみましょう。

親知らずと顎関節症の関係

さて、それでは親知らずがどのように顎関節症と関係しているのかについて詳しく見ていきましょう。
親知らずによって顎関節症を引き起こしてしまう原因は、主に以下の2つが挙げられます。

1.親知らずが引き起こす顎関節症
現代人の顎は以前と比べて小さくなっていると言われています。
それによって、親知らずがまっすぐ生えるための十分なスペースが確保できず、横向きやななめに生えてしまうこともあります。
そのように変な方向に生えてしまった歯は、隣の歯へ負担をかけてしまい、歯並びが悪くなってしまう原因にもなります。
さらに、噛み合わせが悪くなっていき、片方だけで噛んだりすることで、顎の負担が偏り、顎関節症を引き起こしてしまう場合があります。

親知らずを抜歯する際の注意点

さて、顎関節症を引き起こさないためにも、親知らずを抜歯する際には以下の注意点に気を付けてください。

1.抜歯するかどうかは医師と相談
「顎関節症になったから親知らずを抜く」とご自身での判断は危険です。
まずは、かかりつけの歯科医に相談してどのようにするのが良いのか決めましょう。
生え方や他の歯との関係性によっては、必ずしも抜くことがベストではない場合があります。
また、噛み合わせや顎の動きを邪魔しているような場合は、きちんと把握した上で対処することが必要です。
2.抜歯後は口内を清潔に
親知らずを抜歯した後に顎関節症にならないためには、炎症を悪化させないようにすることが重要です。
そのためにも、抜歯した箇所を清潔に保つように気を付けてください。
また、抜歯1週間後までは歯磨きや口を強くゆすぐことは避け、傷口を刺激しないようにしましょう。

3.抜歯後の食事には注意
抜歯後は歯茎に刺激を与えないように、固い食べ物や辛いものを避け、おかゆやスープなど柔らかいものを食べるようにしてください。
また、アルコールは傷口の出血を促してしまうので特に抜歯直後は控えるようにしましょう。

まとめ

さて、今回は親知らずと顎関節症の関係について、抜歯後に症状が引き起こさないようにするための注意点などについてもご説明させていただきました。
顎関節症は生活の中で無意識のうちに行っている様々なことが複合的に影響して引き起こされている為、原因を特定しずらいものですが、親不知の影響をその一因として考えてみることも大切です。
もしも顎関節症が疑わしい場合には、医師と相談しながら、思い当たる原因を一つずつ取り除いていくようにしましょう。


顎関節症お問い合わせ

▲このページの先頭へ