インプラント

インプラントとは

インプラントとは簡単に言うと、歯が抜けた部分に金属(チタン)の人工歯根を骨に植え込み、その人工歯根を土台にして、歯を製作する治療法のことです。
歯が抜けてしまった場合、健康な両隣の歯を削ってブリッジにするか、もしくは、部分入れ歯にする方法しかありませんでした。どちらの方法も、隣の歯に負担をかけてしまうことと、ブリッジの場合、健康な歯を削らなければならないことが大欠点です。
その点インプラントは、それらの問題点を解決した治療です。

あなたの抜けた歯を取り戻しましょう
新しい治療方法 インプラント(人工歯根)

自分の歯を保護する
見た目がきれい
周りの歯を傷つけない
かみ心地は自分の歯とほぼ同じ
人工の歯が骨となじみ、違和感がない
インプラントの種類により、手術が1回の場合と2回の場合があります

「ラミネートベニアって?」

従来の治療方法 義歯=入れ歯
色々な方法で歯のない所に義歯=入れ歯を固定する。

隣の歯が虫歯になりやすい
あごの骨がやせてくる
自分の歯を犠牲にします
見た目(審美性)が悪く、かみ心地(咬合)がよくない場合もある

「ラミネートベニアって?」

従来の治療方法 ブリッジ
従両側の歯を削ってブリッジを固定する。

両側の健康な歯を犠牲にすることがある
歯の抜けた所の骨がやせる可能性がある
あごの骨がやせると歯並びが悪くなることもある

長 所
一般的な治療ですから、比較的簡単に治療が、受けられます。

短 所
噛み心地が悪い場合もあり、固い食べ物では咀嚼に苦労する場合もあります。
入れ歯に違和感を感じることがある方がいます。
発音がうまく出来ない場合や、見た目もよくない場合がある。
入れ歯の手入れが毎日必要となります。

費 用

保険の適用されるものもあります。見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。

費用をかければ、見た目の仕上がりもよくなります。

短 所
ブリッジを固定するために、歯の抜けた周囲の健康な歯を削る必要があります。
歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合があります。
発音に問題のある場合があります。

費 用
保険の適用されるものもあります。 見た目にも良く使い心地の良いものは保険の適用がなく、数十万円かかります。

長 所

自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感覚がよくわかります。
周りの歯を傷つけません。
見た目は自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がります。
インプラントがあごの骨に力を加えますから、あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。

短 所
歯を抜くのと同じ程度の手術が必要です。
強度の糖尿病などの患者の場合インプラントが出来ないことがあります。
歯触りがにぶいです

費 用
現在、保険の適用はありません。
費用は見た目の良い入れ歯やブリッジと同じ程度です。
治療本数、部位などによって費用は多少異なりますので、お気軽にご相談下さい。

詳しいことは当医院でお気軽にご相談ください。

▲このページの先頭へ