顎関節症の症状について

顎関節症というと「顎の付け根が痛くなる」「口が開け辛い」といった顎周りの症状を連想するかと思います。しかし、顎関節症は顎周辺以外にも様々な不調を引き起こしてしまいます。

その理由は、下顎は全身のバランサーと言われるくらい全身のバランスに影響を与える部位でもあるからです。顎関節症で顎周辺の筋肉・関節に緊張や歪みが生じると、下顎を受け止める頭蓋骨や頭蓋骨を支える頸椎にも影響を与えます。頸椎や頭蓋骨は中枢神経を守るために、その周辺の筋肉も敏感になっていますので、顎関節症による顎のアンバランスな動きや力のかかり方で筋肉の緊張も強くなり、やがて骨格の歪みも生じてしまいます。
身体は歪みが生じるとバランスをとろうとするので、頸椎、頭蓋骨の歪みは、やがて胸椎、腰椎、骨盤、脚など全身の様々なところに影響をもたらします。
また、その反対に、顎以外の身体の歪みにより全身のバランスが崩れ、そのアンバランスさに耐えかねて顎関節に異常を起こすということも考えられます。
いずれにしても、顎関節は、頭蓋骨にぶら下がっている非常に不安定で繊細な関節と言えるでしょう。

顎関節症の症状の程度は人によって異なりますが、必ずしも顎に痛みを伴うとは限りません。倦怠感や様々な体調不良等で現れる場合もありますし、顎関節症とは関係のなさそうな部位の痛みや不調となることもあり、原因が特定できず、症状が慢性化しやすいという弊害もあります。

顎関節症の症状について記事一覧

▲このページの先頭へ