顎関節症の実際の治療例

実際の治療例

Y.Hさんの治療の流れ

主訴
歯並びの悪さ
夜間の噛みしめ、歯ぎしり
奥歯が上下で当たる感覚がなく、どこで噛み合わせたらよいか分からない。
右顔面、頭、首、肩の慢性的な張り、右頬の痛み
生理痛
頭痛、頭の締め付け
耳鳴り

既往
大学卒業後に右下第二大臼歯(一番奥)の歯を虫歯の為、抜歯 する。その後、右首、右肩、右顔面に痺れるような張りが出始 め、頭痛、耳鳴りなどその他の症状も気になりはじめた。 歯並びが気になり歯科矯正をしようとしたが、上下小臼歯の抜 歯が必要と言われ断念した。 噛み合わせの相談の為、当院の無料カウンセリングに来院され 、噛み合わせ治療と同時に非抜歯の矯正もできると知り、治療 を開始した。

下顎が頭蓋骨を支える為、受け皿となる歯のアーチを拡大し歯列を改善する。 同時に高さを補正し、下顎位の適正位置への誘導(リポジショニング)を図る。

拡大前

拡大後

使った放置はコレ!
透明の拡大装置
右:下用
左:上用

クリアプレート(CP)にて顎位矯正

拡大終了後、奥歯の隙間を補う為、クリアプレートを使用して更に筋肉を伸ばす。歯列の拡大を行った場合は、後戻りを防ぐ為の保定も兼ねる。

クリアプレートで高さを補うと共に、顎位を決定し、諸症状の改善を図る。

結果、顎関節周辺の筋肉は伸び、顎位が安定した為、上下の歯に隙間が生じた。

使った装置はコレ!
クリアプレート
右:夜用
左:昼用

Yさんのコメント

・デラックスプレートを終了がした頃には、筋肉がのびたこと で奥歯がすい ていたので、昼間少し不安定でしたが、昼間もクリアプレート を入れるよう になり、噛み合わせも安定し、プレートを入れていた方が、姿 勢が良くなる感 じがしました。 ・しゃべっていると、だんだん舌根が下がってきて、喉が締め 付けられるような感じで声が出し辛くなっていましたが、気に ならなくなりました。 ・時々、呼吸がしにくいこともありましたが、クリアプレート を入れるようになってからはなくなりました。

最終補綴

クリアプレートを使用し、下顎を正しい位置に誘導(顎位矯正)できたら、その顎位で安定した噛み合わせを作る処置をする。
方法は、主にワイヤー矯正かセラミック冠を被せる手法になるが、Y・Hさんはセラミック冠を被せる手法を選択された。
セラミック冠を被せるには、歯を一層削る必要があるが、正しい顎位でしっかりと噛めるように噛み合わせを作る、抜本的な治療である。
職業柄、ワイヤー矯正をすることが難しい方や、すでに被せ物が多い方など、ワイヤー矯正を選択するメリットが少ない方が、この手法を選択することが多い。

STEP1

仮り歯(プロビジョナルレストレーション)に置き換える
高さを補正し、下顎位がほぼ定まった時点で、奥歯を最小限に削って仮り歯へと置き換え、細かな微調整をする。

本来の上下の歯で噛める状態に回復させる手法であるが、歯を必要最小限の一層削り、被せる必要がある

Yさんのコメント

Y.Hさんの治療の流れ
クリアプレートは、自分の歯の上にのせている物でしたが、仮 り歯になってからは、自分の歯のように生活でき、さらに体と のバランスがとれるようになってきました。

STEP2

セラミック冠を被せる
仮り歯の状態で身体が安定し、不定愁訴が改善されたら、セラミック冠で最終的な被せ物をする。

セラミック冠は歯と同等又はそれ以上の硬さがある為、噛み合わせが変化しない。更に審美性にも大変優れており、変色しない材質である。表面は滑沢な為、プラークが付着しにくく、歯肉への影響は最も少ない。

Yさんのコメント

仮り歯よりもさらに馴染みがよく、自分の歯の様で違和感も感 じていません。
体のバランスや重心が安定して、慢性的にあった 側の肩・首 のこりが気にならなくなりました。
10年来の生理痛もほぼ無くなりました。噛み合わせ治療で改善できると 思っていませんでしたが、顎の歪みや捻れで体も歪むと聞いた ので、それが補正され骨盤の歪みや、動きが良くなったのかと 思います。


顎関節症お問い合わせ

▲このページの先頭へ