顎関節症の治療症例

K.Aさん(女性 都内在住 バレエ教師)

受け口・顎変形症を複合したケース

主訴
噛み合わせ不良による数々の不定愁訴の改善

既往
小学生の時、反対咬合と診断され、夜間のみ、上顎にプレートを装着
上顎2本抜歯、1本埋伏歯あり
背骨の歪みと骨盤の歪みを補正する為、整体に通う。整体師より、噛み合わせが体を歪めている原因ではと指摘を受け、他院で噛み合わせ治療を始める。
その後、当院に来院。来院時、上顎の奥歯に隙間があった。

下顎が頭蓋骨を支える為、受け皿となる歯のアーチを拡大し歯列を改善する。 同時に高さを補正し、下顎位の適正位置への誘導(リポジショニング)を図る。

来院時


クリアプレートによる治療途中

当院のクリアプレートにて、奥を挙上し、ねじれ(回転)を補正した。

臼歯を仮歯に変更後

下顎は、ほぼ真っ直ぐな位置に整い、奥を仮歯に置き換えた。しかし、ねじれの筋肉による引っ張りが根強いうえ、左の骨のぶつかりにより正中がなかなか安定しなかった。

全顎仮歯に変更後前方回転途中

現在ねじれも補正され、挙上も含め左右の顎の位置が整った。それに伴い、上下の前歯に空隙ができた為下顎を前方に回転させ、前歯の上下の隙間を詰めている

来院時
受け口・開咬・顎変形症があり独特の側貌を呈していた。受け口の特徴としての下顎が大きい状況に加え、上顎に3本の歯牙欠損もあり骨そのものの上下差もかなり大きな状態であった。

臼歯を仮歯に変更後
当院のクリアプレートで、顎周辺の筋肉を弛め、下顎を適正な位置へと誘導した。

クリアプレートによる治療途中
受け口・開咬・顎変形症があり独特の側貌を呈していた。受け口の特徴としての下顎が大きい状況に加え、上顎に3本の歯牙欠損もあり骨そのものの上下差もかなり大きな状態であった。

臼歯を仮歯に変更後
当院のクリアプレートにて、奥を挙上し、ねじれ(回転)を補正した。

来院時の不定愁訴

首、肩、腰、背中、脚、顔等、全身のこり ・頭痛 ・腹痛 ・めまい ・手足のしびれ ・動悸、不整脈 ・顎の雑音、開口時の顎の痛み ・坐骨神経痛 ・体軸が不安定 ・アレルギー性鼻炎 ・眠りが浅い ・生理痛、生理不順 ・冷え性 ・自律神経失調症

K.Aさんのコメント

全身の不調が噛み合わせからきているのではと指摘されたのは、整体の先生からでしたが、今思えば、噛み合わせが原因と気がつけたことはラッキーだったと思います。
以前の私は、全身に強い張りや痛みがあり、腰の痛みがひどい時は、壁に伝わりながら立ったり座ったりで、電車の座席に座ったときは、どうやって立ち上がるかを考えないと立てない状態でした。
特にひどかったのは、腹痛で、来院時不定愁訴と診断されましたが、薬を飲んでも一向に改善されず、腹筋が捻れるように痛くなり、そうなると食欲が落ちて食べられなくなり、体力も落ちて動けなくなるという悪循環でした。
眠りも浅く、たびたび目が覚めてしまい、夜中に具合いの悪さを布団の上でじっと座って耐えるということも度々ありました。
私の場合、新宿デンタルオフィスさんで噛み合わせ治療を始め、
上顎を拡大させた頃から、慢性的にあった頭を締め付ける様な頭痛もなくなりました。腹筋が捻じれるような腹痛も、顎の捻れをまっすぐに補正してくださってからは、ウソのように起こらなくなりましたし、体の捻れや、慢性的な張りも無くなりました。治療プレートを調整するごとに、自分の体のどこの筋肉が緩もうとしているかがわかる感じがして、噛み合わせや顎のねじれが体に及ぼす影響を、身をもって実感する日々でした。
また、1年のうち8ヵ月はアレルギー性鼻炎の薬を飲んでいましたが、最近ではスギ花粉の時期の2ヵ月だけ飲めば大丈夫で、花粉の量が少ない年は飲まなくても平気な程度にまでなりました。
今まで、具合が悪くても好きなバレエを絶対に辞めたくないという思いで、精神力で辛い体を動かしていたという感じでした。好きなことを全力でできない精神的ストレス、いつ不調で動けなくなるか分からない不安が常にありました。
今では、これまであった体の不調から心身ともに解放され、より積極的、行動的になりました。もし、わたしの様に辛い症状でお困りの方がいらしたら、噛み合わせが原因かもしれないということと、治す方法があるということをお伝えしたいです。


顎関節症お問い合わせ

▲このページの先頭へ