乱れた歯並びの矯正はいまからでも遅くない!オトナでもできる矯正術

八重歯や乱抗歯(らんくいば)でデコボコな歯並びは悩みの種になりがちです。
乱れた歯並びで、見た目だけではなく機能面でも弊害を引き起こします。

乱れた歯並びのままだと虫歯や歯周病になりやすく、さらに噛み合わせも悪くなってしまいます。

ブラケット矯正で歯並びをキレイに!

ブラケット矯正は歯並びの矯正の中でもメジャーな治療法です。

歯の全面に矯正装置を付けて、歪んだ歯並びを正しい位置へと治すことができます。

大人から子どもまで幅広い世代で行える矯正術であり、0.1mm単位で歯の位置を治せるので、ちょっとした歯の隙間が気になる方にも向いています。

デメリットはブラケットを歯の前面に取り付けるため、見た目が目立ってしまうことです。

最近ではあまり目立たない透明や白色のブラケットもありますので相談してみるとよいでしょう。。

目立たない矯正術なら舌側ブラケット矯正!

舌側ブラケット矯正は、その名の通り歯の裏側にブラケットを取り付ける矯正術です。

そのため、ブラケットを付けていても目立ちませんから、周囲に知られることなく歯並びを矯正できます。

付ける位置が変わってもブラケットの矯正効果は充分得られますので、通常のブラケット矯正に抵抗を感じる方にも向いています。

デメリットとしては、舌側ブラケット矯正だと口の中に絶えず違和感が生じてしまうことです。

目立たず手軽な矯正術ならマウスピース!

マウスピース矯正術は、歯の形に合わせたマウスピースを作成して少しずつ歯並びを治していきます。

透明なマウスピースを使えば、見た目に関しての問題点もクリアできます。

デメリットは、大きく乱れた歯並びの矯正に向いていないことです。

マウスピースを使って徐々に歯並びを整えていくため、どちらかというと歯の隙間や段差を治したい方に向いています。

また、マウスピースは自分で取り外せるので、外している時間が長くなってしまうと治るまでの時間が増えてしまいます。

ガチャ歯の矯正は早めにはじめよう!

乱れた歯並びの矯正術は様々なので、個人の希望や予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

美しい歯並びに矯正することによって、見た目のコンプレックスや噛み合わせの悩みが解消されます。

また、歯周病や虫歯の予防にも繋がりますので、長く健康的な歯を保つことができるでしょう。


顎関節症お問い合わせ

▲このページの先頭へ